勉強嫌いの僕が9ヶ月で偏差値を30上げた英語勉強法その1ー3

こんにちは!

最近ハマっていることはPS4です(笑)ケントです。

さてさて前回は、何故単語をとにかく勉強しろと言われるのか?でしたよね!!

まだ見てない人はそちらから見てくれるとわかりやすいと思います!

勉強嫌いの僕が9ヶ月で偏差値を30上げた英語勉強法その1ー2

 

そして今回は、その単語を使って長文を解くため、そして文法問題にも対応できるように

文法と英文解釈の勉強方法を紹介しようと思います!

 

(前置きとして、僕の中では文法というのはセンター試験の問2のような物を指し、

英文解釈というのは関係代名詞など、長文読解に必要なスキルであることを先に言っておきま

す。)

 

文法とは?

上でも述べたように、センター試験の問2ではこのような問題が出題されます。

I would  (                 ) stay here than go out.

①rather

②better

③more

④well

かっこに当てはまるのは①〜④のうちどれか?という問題です。

このような形式で問題が十数大出題されます。

ちなみに答えは①のrahterです。

どのようにしてこの問題を解くのかというと、文法書を極めることです!

そして文法書には、こう載っています。

would rather A than B (BよりもAしたい)

この言い回しを文法書で覚えておけば答えることができます。

この場合Aに当たるのがstay here ,Bに当たるのがgo out です。

文法書はとてもたくさん発売されていて、そこまで違いはないのですが

あえてオススメするならEngageがオススメです!

 

とても解説などが詳しく載っていてわかりやすいです!

オススメの文法勉強方法

なんとこの勉強方法も

http://kento19991101.com/2018/09/02/%e5%8b%89%e5%bc%b7%e5%ab%8c%e3%81%84%e3%81%ae%e5%83%95%e3%81%8c%ef%bc%99%e3%83%b6%e6%9c%88%e3%81%a7%e5%81%8f%e5%b7%ae%e5%80%a4%e3%82%92%ef%bc%93%ef%bc%90%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%81%9f%e8%8b%b1%e8%aa%9e/

👆この単語の勉強方法とほとんどおなじなのです!

1日目。1〜50の問題を解く

暇な時間などになんども50問を解きましょう。

2日目。51〜100の問題を解き、前日の1〜50の復習をする!

多いように感じるかもしれませんが、前日になんどもやったおかげで1〜50はスラスラ解けると思います。

3日目。101〜150の問題を解き、1〜100の復習をする!

もう1〜50の問題に関してはほぼ完璧になっていると思います。完璧になった問題は印をつけて飛ばしましょう!

 

こうして上の方法を続けていると1週間でまた最初の100ほどはかなり覚えるようになりま

す。

これを根気強く続けていると、2ヶ月もすればこの文法書もほとんど完璧になってくると思います。

大事なのは復習です

印をつけた問題も2週間に一回は解いて下さい。

この勉強法のミソは、とにかく復習をする、ということなのです!

是非皆さんみなさんも実践してみて下さい。

2ヶ月勉強をして1900単語、そして文法書を完璧にしたあなたはMARCHレベルの問題がかなり読めるようになってくると思います!!

単語力x文法力=英語力

なのです!!

これを忘れずに!!!

 

次のブログでは仕上げの文章の正しい読み方をご紹介いたします!

お疲れ様でした!

是非僕のツイッターもフォローお願いします。

相談などあったら是非メールやDMお待ちしています

@kentoEnglish

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です