パソコンを触った事ない僕がクラス一位をとった常識はずれのタイピング法

こんにちは!ケントです。

本日はタイピングを練習してるけど全然早くならない!という人向けの記事です。

 

ここでまず簡単な自己紹介をさせてください。

僕は卒業間近の大現役大学生です。

実家には生まれてからずっとパソコンは無く、自分用のパソコンも持っていなかった。

しかし高校三年の時に始まったパソコンの授業でタイピングの速さでクラス1位、学年上位を獲得。

 

自分で言うのもなんですが異端児ですわ!!!

家にパソコンなしで大して触ったこともないのにタイピング1位って…

クラスにパソコンが好きでタイピング早いて言われてるやつもいたんですよ。

それでもタイピングは僕の方が早かったです。

それで何が言いたいかと言いますと、

 

タイピング上達にパソコンは必要ない!!!

 

ということなんですね!!!

 

 

じゃあ僕は何をしてタイピングスキルを上げたのか?

ということを書いていきたいと思います。

 

 

その1 iPhoneはフリック入力をやめろ。

 

僕はiPhoneだったのでAndroidの方も通じるのかわかりませんが、タイピングスキルを上達させたいならフリック入力を今日限りでやめましょう。

今日からみなさんはキーボードタイピングに変えましょう。

なぜかと言いますと

 

タイピングがあまり早くない人は、まずキーの場所を覚えてないことがほとんどです。

まずタイピングスキルを上達させるにはキーボードの位置を完璧に覚えることが必須です。

このインターネット社会のご時世、キーボードうちにすれば1、2ヶ月でキーボードの位置は完璧に覚えられるのではないでしょうか?

僕は中学の頃にiPhoneのキーボードうちを始めたので現在は七年目ほどです。

キーボードの位置は完璧にわかります。

 

キーボードタイピングのメリット

パソコンのタイピングが確実に早くなる。

両手で打つので片手があまり疲れるということがない

 

その2 パソコンで練習!

 

僕はパソコンを持っていなかったのでなれるのに少し時間がかかりましたが、

パソコンが家にあったり、持っている!という人はぜひ練習してください。

僕のオススメは寿司タイピングです!

ゲーム感覚でタイピングの上達を測れます。

http://typing.sakura.ne.jp/sushida/

こちらから始めることができます。登録などはありません!!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

本当に特別な練習は必要ないです!!

ただiPhoneのタイピングをキーボードに変更して生活するだけ!!!

絶対に変わります!就職するときもタイピングできないと話になりません。

若い今の内から矯正しておくことが大事だと思います!

では!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です