歴代最強の男子バスケットボール日本代表 スタメン紹介

こんにちは!!

現在男子バスケットボール代表は過去最強のメンバーと強さを誇っています。

その証拠に6/29に世界ランク10位のオーストラリアを破ったほどです。

オーストラリアといえばNBA選手を多数誇る超強豪です。

 

そして9/13、9/17にバスケットボールW杯のアジア地区2次予選という超大事なカザフスタンとイランとの試合で見事圧勝。

まさに黄金世代というにふさわしいチームです。

そんな新生日本代表の予想スターティングメンバーを本日はご紹介いたします!

 

PG(ポイントガード) 富樫勇樹(とがし ゆうき)

富樫勇樹という名前どこかで聞いたことある方いるのではないでしょうか??

2014年に田臥勇太選手に次ぐ日本人として2番目のNBAチームとの契約を勝ち取った選手です!!

残念ながら出場はありませんでしたがとんでもなくすごいことなんです!

身長は167cm!

167cmというと日本人の平均身長よりも低いですが、富樫選手の得意技であるフローターショットというボールを高く投げて相手のブロックをかわすシュートに加え、鋭いドライブ、正確な3ポイントシュート、広い視野で身長を感じさせないプレイが特徴です。

そんな富樫選手、高校はバスケットボールの本場アメリカです。

モントローズクリスチャン高校という超強豪校でシックスマンとして出場していました。

この高校、NBAを見ている人ならわかると思うのですが、KDことケビンデュラントの出身校です。

ケビンデュラントといえば4度の得点王に13-14シーズンのMVP、二年連続プレイオフ決勝のファイナルMVPを獲得している

現役最強の選手です。

そんな選手と同じ高校といえばすごさがわかるでしょう。

 

現在は千葉ジェッツでプレイしている富樫勇樹選手。

まだ25歳なのでこれからの成長がとても楽しみです!!!

 

 

SG(シューティングガード) 比江島慎(ひえじま まこと)

SGは長らく日本のエースを務めてきた比江島選手!!

今年2018年にシーホース三河からオーストリアのブリスベンバレッツに移籍した話題の選手です。

身長は190cmとSGの日本人の中では大柄です。

そして比江島選手といえば比江島ステップ!

細かいステップとフェイントで相手を置き去りにしてシュートまで持っていくことです。

シュートはもちろん華麗なパスに派手なダンクなどなんでもできるまさにオールラウンダー!!

年齢は28!

長らくエースをやってきた経験を是非発揮していただきたいものです!!

 

SF 渡邊雄太(わたなべ ゆうた)

 

みなさんこの名前どこかで最近耳にしませんでしたか??

そうです!七月にNBAのメンフィスグリズリーズと2way契約を結んだことで日本でも大きなニュースになりましたよね!!

とにかく渡邊雄太選手は本当にすごいです!!!

久々の代表招集となるのですが、何がすごいって身長が206cmあるのに

3ポイントが打てる、ブロックが得意、大きい選手から小さい選手まで守れる、走れる、ダンクが豪快、

ととにかく今までの日本人では考えられないような選手なのです!!

しかも渡邊選手は日本人離れした手足の長さを持っているため余計に高いところに手が届きやすいのです。

これは本当にすごい!!

渡邊雄太選手はご両親もバスケットボール選手で、身長も父が190cm、母が177cmとご両親譲りであることがわかります!!

そんな渡邊選手、学校は四国の尽誠学園からアメリカのジョージワシントン大学へと渡っていました。

アメリカでの活躍が認められて晴れてNBA入りを果たしました!!

NBAの実力をぜひ数年ぶりの日本代表で発揮してもらいたいです!!

渡邊雄太はNBAで力を発揮できるか?

渡邊雄太に対する現地のファンの声と評価[メンフィス]

 

 

PF 八村塁(はちむらるい)

この男を忘れてはいけません!!

日本代表の絶対的エース八村塁選手です!!

身長203cm、強靭な体でゴールへのアタックが魅力的です。

11月に全米ランキング1位の大学最強チーム、デューク大と八村塁所属のゴンザガ大の決勝戦が行われ、見事ゴンザガ大の勝利。ゴンザガ大学が現在全米ランキング1位のチームとなっています。(2018年12月現在)

つまり八村塁は全米ランキング1位のチームのエースということです。まさにキング…

そしてそのおかげで来年のNBAドラフトでは上位指名が確実と言われています。

【関連記事】八村塁が上位指名された場合に考えられる3つのこと

 

NBAドラフトで日本人が指名されたことは歴史上まだ一度しかなく、それが決まれば世界で一番有名な日本人は本田圭佑から八村塁に変わると言われています。

そんな八村選手、当初はアウトサイドシュートの精度の低さに悩んでいたのですが、最近では練習の成果もあり、3ポイントシュートの入るようになってきました!!

まさにエース!!!

まだ現役大学生ですのでこれから長く代表を引っ張っていく選手になると思われます!!

NCAAでもファイト!

八村塁がデューク大を倒したことでドラフト順位とランクがアップ。1位の可能性

八村塁はNBAでスターになることが可能なのか。

C ニックファジーカス

最後はこの男、ニックファジーカスです。

2018年にアメリカから日本へと帰化した帰化選手です。

なんとこの男元NBAプレイヤー!!!

と、とんでもない選手や…

身長も210cmと超高い!!

3ポイントシュートも高確率で入る、まさに現代で通用するセンターです!!

リバウンドも2桁取ることは当たり前、ゴール下も強い、とインサイドが弱いと長年言われてきた日本にとっては

まさに最強の助っ人です!!

 

しかし唯一懸念されていることは年齢です。

今年33歳ですので、東京オリンピックまで持つか…

頑張って欲しいです!!

 

まとめ

いかがでしたか??

歴代最強と言われている理由がわかると思います。

今回メンバーに入っていない選手でも、とても期待されている若手が今の日本にはたくさんいます!!

ぜひその選手たちも実力をつけてポジション争いをし、強い日本代表をオリンピックで見れることを楽しみにしています!!

頑張れAKATSUKI FIVE!!!!!

▼関連記事

八村塁、デューク大を圧倒。激闘をもう一度、動画で振り返る

[NBA]渡邊雄太と八村塁はどちらが強い?比べてみた!

渡邊雄太がオールスター選手になるために必要なこと。

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です