[NBA]ポジション別現役No. 1の選手は誰??

こんにちは。最近のNBA選手は本当に強い新人が毎年のように出てきていて面白いですね。今日はそんなNBAの中でポジション別No. 1の選手を自分なりに考えてみました。

あくまでも僕の個人的なランキングですので、そこはお願いします。

全員NBA?4年後のW杯バスケ日本代表が最強すぎる件

八村塁、勝利。ザイオンとの勝負に勝利したゴンザガ、八村が勝てた理由とは。

 

ポイントガード

まずはポイントガードからです。

まずNo. 1候補を数人あげてみます。

 

ステファンカリー

カイリーアービング

クリスポール

ウエストブルック

 

てところでしょうか。

個人的にはリラードが好きなのですが、ここに張り合える選手ではないと判断しました。

….

やはり実績、名声、実力で考えるとカリーでしょうか?

ウエストブルックは2017年MVPですが….

確かに運動能力はずば抜けてるんですがチームを勝たせる力があるかが不明です。

正直トリプルダブルは逆効果それで勝てるならいいいけど。

アービングはハンドリングなんか歴代トップクラスですがレブロンがいないときに優勝できてないので落選。

クリスポールも同じ理由です。

というわけでPG部門はステフカリー。

関連記事▼NBA歴代最強PGランキング。実力トップ5

 

シューティングガード

続いてはSGです。

まあこの部門はわざわざ選手名を出す必要があるか疑問ですが一応やります。

クレイトンプソン

デマーデローザン

ジェームズハーデン

ビクターオラディポ

ハーデン!!!!!

クレイトンプソンとデローザンも本当にめちゃくちゃいい選手です!

特にクレイなんかは歴代TOP5には入るシューターと言われています。

デローザンも長年トロントでエースを務めるほどです。(今シーズンからSAS)

しかしやはりハーデンがいると霞む…

2018のシーズンMVPでもありますしね。

というわけでSG部門はジェームズハーデン。

関連記事▼NBA歴代最強シューティングガードランキング

 

スモールフォワード

さあお待たせしました!

超激戦区SFです。

ここで候補に挙げる選手は

ケビンデュラント(以下KD)

レブロンジェームズ

カワイ・レナード

ポールジョージ

です!

しかし本当に上2人がいるとどうしても下の2人が(レナードは神です)…

レナードは2017年のPO一回戦でGSWと対戦した時にザザに負傷させられて、リタイアしました。

そしてその年KDがCLEを倒し優勝してたちまち大スターへの階段を上ったのですが、

もしレナードが怪我をせずに、KDいるGSWを完膚なきまでに叩き潰したとしたら

今の現状はレナードとKDは逆だったかもしれませんね。

そう思うとレナードは少し可哀想ですが。

ポールジョージもレブロンとマッチアップした時に全然負けてないなと思います。

3Pもうまいですし、体も強い。歴代最強クラスのSFです。

ただ足を折る怪我をしていなければ…というのが唯一の懸念です。

もしかしたらあのまま化け物になっていたのかもしれません。

僕がファイナルに進出した選手=強いと思っているとすれば、勝ち馬に乗ったKDは過大評価ですか?

73勝したGSWに来たKDは実力不足ですか?

そんなことはないと思います。

2018年のファイナルで平均30点以上、2年連続FMVP4年連続得点王、シーズンMVP

7fの身長と長いウイングスパンに正確な3Pとアイソレーション。

ブロック能力にドライブ、クラッチの強さ。

まだ必要ですか?

最強ですよ、このKDという男は…

全盛期レブロンでしたら張り合えますが、もう34歳ですから。

ましてやこれは現在のNo. 1決めですから、

SF部門はケビンデュラント!

▼関連記事NBA歴代スモールフォワードランキング。最強のトップ5

 

パワーフォワード

続いてはPFです。

….

正直ここが一番悩みます!!!

2択ですよ!!

 

アンソニーデイビス

ヤニスアデトクンポ

これは難しい!!!

皆さんもこの2人には悩むんじゃないでしょうか??

2人ともPO上位には進出せず、リングもなし。

ただし2人ともチームの絶対的エース…

悩む…

アンソニーデイビスも運動能力はめちゃくちゃ高く腕も長いです。

しかしアデトクンポのそれはデイビスを上回っています。

センター級の身長ではありえない動きができます。

ウエストブルックの7f版て感じです。

年齢も25歳と23歳でお互い若い。

デイビスはドラフト1位。ヤニスは15位。

しかし今は15位とは思えない活躍ぶりです。

では、発表します。

ヤニスアデトクンポ!!!!!!

理由は、良いと思ったからです!!以上

(直感です、すみません!)

NBA歴代パワーフォワードランキング。最強の5人の選手とは

 

センター

最後はセンターです。

ここもなかなか難しいですよ。

デマーカスカズンズ

ジョエルエンビード

2人ともゴツくてサイズがあり、機動力があり、3Pがある…

カズンズはテクニカルで危なっかしくて、しかし経験がある…

エンビードはその点怪我から復帰したばかりで経験が浅い。

強いて評価するとすればその経験の差でしょうか??

でも現在のNBAでセンターっぽいセンターはあまりいなくなってきていますよね。

カズンズは現在治療中ですが、まだまだ元気最強の座を譲ることはないぞ、ということで…強いて名前をあげるとすれば…

C部門はカズンズ!!

NBA歴代最強センターランキング。大男の中の大男たち。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか、

結果に不服なもいらっしゃるかと思いますが、僕の個人的なランキングですのであまりお気になさらずに、、

「全然違う、こいつが最強だ!」という意見がある方はコメントで是非教えてください!

よろしくお願いします。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です