徳川家康の爆笑エピソード。あの偉人も我々と同じ人間だ…

こんにちは!今ではとても偉く見える歴史上の偉人。そんな偉人たちも我々と同じ人間なのです。そんな偉人たちを身近に感じられる大爆笑エピソードをご紹介します。今日は徳川家康です。

徳川家康を今風っぽく紹介

あの日本人には超有名な、知らない人はいないほどの徳川家康。そんな超有名人の徳川家康もとっても恥ずかしいエピソードがあるんです!まずは身近に感じるため、今風っぽくご紹介。

 

徳川家康の残念な爆笑エピソード

それはまだ家康が若い頃の1573年。三方ヶ原の戦いで起こった。敵の武田信玄が自分の家臣をバッタバッタなぎ倒していく光景を見て家康はウ●コを漏らしながら浜松城へ逃げて帰ったという。これを見ていた部下が「なんと情けない」と指摘したが、家康は「これは潰れた焼きミソじゃ!」と反論したそう。

 

今ではこれは笑い話になるものの、いざ現代の人が遭遇したら脱糞してもおかしくないことですよね。そりゃあ人が目の前で斬られて、しかも自分に向かってきているのなら脱糞もしたくなりますわ。むしろ逃げ切ってその後大将軍になった家康にあっぱれ!

そんな家康、この爆笑エピソードを戒めとして忘れないように部下に絵として書かせたそう。こんな笑い話を人に言ってオープンにできる家康だったからこそ天下統一できたのかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です