八村塁はNBAでスターになることが可能なのか。

八村塁がNBAに入ることは確実と言われている現在、日本人が気になっているのは八村塁はNBAのスター、すなわち各球団のエース選手になれるのか。ということである。今日はそれを考察していく。八村塁の強み、特徴について書いた記事があるのでそちらを見てくれると嬉しい。八村塁について。

全員NBA?4年後のW杯バスケ日本代表が最強すぎる件

渡邊雄太はNBAで成功するのか?in Memphis

八村塁はエースになれるのか?

NBAのエースには2種類いる。大学時代から注目を集め、そのままスター選手としてスタートする者。もう一方はドラフト上位指名ではないものの、NBAに入ってから能力を開花させエースになった者である。八村はどちらかというと前者寄りである。全米が注目するほどの選手ではないが、大学バスケの雑誌の表紙を飾ったり、強豪ゴンザガ大のエースを務めるなど大スターとはいかずとも大学界ではスター選手寄りなのではないだろうか。

ドラフトエントリーの時期は?

ドラフトで上位指名を受けるためにはその年度の選手層にもよる。八村塁は2018年にドラフトエントリーをせず、ゴンザガで3年目を迎えることを選択した。ゴンザガでさらなる活躍をし、ドラフトでより上位指名をしてもらうためだ。2019年はレブロン2世と言われているザイオンウィリアムソンなどがアーリーエントリーをした場合同期となる。いつエントリーするか、楽しみである。

入団するチームは?

入団するチームによって、一年目の扱いは全く異なる。仮に毎年POに進出できず、今すぐにでも戦力を欲しているチームなどでは期待をされプレイタイムをもらえる可能性が高い。反対にGSWなど強豪チームに入団した場合出場機会はあまりなく、あっても大幅リードしている場合だけだろう。入団チームによっても最初のキャリアは異なると言っていい。

八村塁の能力

6月のオーストラリア戦で見せたようにNBAプレイヤーのソンメイカー相手にも互角の勝負をしていた。大学での結果からもNBAチームのエースになれる可能性は10%ほどである。というのも大学で活躍していてもNBAで活躍できない選手はザラにいる。むしろこれは高い数字だと思う。

まとめ

スター街道をいくにはゴンザガでの3年時、4年時(いるか不明)にどれだけインパクトを残せるかがエースになるための鍵である。全米が注目する選手になり、ドラフト5位以内で指名されればエース候補として迎えられること間違いない。八村塁のさらなる進化に期待したい。

 

日本バスケの記事はこちら

渡邊雄太に対する現地のファンの声と評価[メンフィス]

渡邊雄太はNBAで成功するのか?in Memphis

渡邊雄太はカリー、ハーデンなどスター選手をブロック出来るのか?

NBAの記事はこちらから

2018シーズンのヒューストンロケッツは優勝可能か?

[NBA]ポジション別現役No. 1の選手は誰??

ケビンデュラントの評価がおかしい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です