全員NBA?4年後のW杯バスケ日本代表が最強すぎる件

現在、渡邊八村の最強タッグでイラン、カザフスタンを圧倒し歴代最強とも言われているバスケ日本代表。しかし4年後の代表はさらに強いメンバーになると言われている。噂によるとスタメン全員NBAもあり得るのだとか。今日はそんな未来の日本代表を紹介していく。

八村塁はNBAでスターになれるのか?

渡邊雄太はNBAで成功するのか?in Memphis

イラン圧倒。最強の日本代表まとめ

カザフスタン戦で見えた希望の光

スタメン紹介

PG 田中力

将来の日本のエース。現在高校一年生の15歳。アメリカ人の父と日本人の母を持つ。高校はアメリカのIMGアカデミーというスーパースポーツエリートに通っている。

身長は現在約190cmと言われているが、高校一年なのでまだ身長の伸び代はある。将来のNBA候補の一人だが、可能性はかなり高いとみていいだろう。

SG 渡邊雄太

説明はもはや不要であろう、NBAと2way契約を結んだ日本のエースプレイヤー。身長206cm。渡邊雄太はについて詳しく書いた記事を見て欲しい。渡邊雄太について

SF 八村塁

こちらも説明は不要であろう。ゴンザガ大学のエースで今年から3年。身長203cm。NBAドラフトでの上位指名が期待されている。八村塁の記事はこちらから。

八村塁の脅威

八村塁はNBAでスターになれるのか?

PF 渡辺飛勇

アメリカと日本のハーフで生まれからずっとハワイで育つ。最近になって日本バスケットボール協会が発見した逸材である。ポートランド大学に所属している2年生。

豪快なボスハンドダンクとブロックが持ち味で現在大学2年生。これからの成長がとても楽しみな選手である。身長206cm。

C シェーファーアヴィ幸樹

アメリカとのハーフで、現在アメリカのジョージア工科大学に所属している。身長は素足で205cmなので登録では209cmではないかと予想。体格、実力的にも申し分なく、ファジーカスが抜けた日本代表のCは彼だろう。

ジョージア工科大学からNBA選手はあまり多くは出ていないが、NBAにもぜひ挑戦して欲しい。ジョージア工科大出身のNBA選手はクリスボッシュ。

フォーメーションについて

シェーファーアヴィ幸樹と渡辺飛勇をPF/Cに置くことによって渡邊雄太がSGでプレイできる。206cmのSGなどNBAの中で探してもいないだろう。

八村もSFなら相当な力を発揮することができるはずだ。冨樫ではなく田中がPGをやることによってディフェンスでのミスマッチを作られなくなることが大きい。

渡辺飛勇はサイズの割に俊敏に、かつ高いジャンプができるのでインサイドで暴れて欲しい。

このサイズが代表で揃えば世界も夢ではない。

まとめ

どうだったろうか。2023年のバスケットボールW杯が少しでも楽しみになってくれたら嬉しい。

日本バスケの記事はこちら

身長230cm。ウォーリアーズからドラフト指名された伝説の日本人[岡山恭崇]

渡邊雄太はNBAで成功するのか?in Memphis

歴代最強の男子バスケットボール日本代表 スタメン紹介

イラン戦で見えた代表の課題と進化[男子バスケ]9/17

八村塁はNBAでスターになれるのか?

カザフスタン戦で見えた伝説の幕開け

NBAの記事はこちらから

2018シーズンのヒューストンロケッツは優勝可能か?

[NBA]ポジション別現役No. 1の選手は誰??

ケビンデュラントの評価がおかしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です