バスケ部必見、試合で使える超有効なNBAの技。ガード向け

こんにちは。今日は試合で使える超有効なNBA選手の必殺技をご紹介いたします。一応ガード向けの技なんですが、フォワードの人も全然使えると思います。フォワード向けの技は別の記事で紹介しているのでそちらをご覧ください。

試合で使えるNBAの技フォワード編

今日紹介するのは身長175cmというNBAの中でもとても小柄なPG、アイザイアトーマス選手のハーフターンヘジテーションという技です。彼は身長が低くてもNBAで一人で一試合51得点を取ったりと攻撃力の高い選手です。そんな彼の得意技が今日紹介する技です。

まずは動画をご覧ください。

この技はマークについてきた相手を一瞬で抜き去り、フィニッシュをするという技です。

動画を見ても分かる通り、この技の肝は背を向けるところにあり、背を向けて相手を一瞬油断させ、そこから一気に全速力で加速し抜き去るという技です。足がめちゃくちゃ速い人ではなくても緩急で抜き去るため大丈夫です。

大事なのは足の速さより、0→100という緩急です。この緩急の練習でいかに身に付けることができるのかが成功率に関わってきます。事実、アイザイアトーマス選手は身長が低く、歩幅が小さくても大男を振り切ることができています。

そしてこの技を身につける人が3ポイントの成功率が高い人だとさらに成功する確率が高まります。

相手がドライブを警戒したら3ポイント、3を警戒したらこのハーフターンヘジテーションでぶち抜いてやりましょう!

練習あるのみ!皆さんがこの技で活躍することを願っています。

では!

 

試合で使えるNBAの技。フォワード編hはこちらから。

バスケットの記事も書いているので良かったら見てください!

八村塁はNBAでスターになれるのか?

渡邊雄太はNBAで成功するのか?in Memphis

八村塁、NBAドラフト上位は本当か。

身長230cm。ウォーリアーズからドラフト指名された伝説の日本人[岡山恭崇]

歴代最強の男子バスケットボール日本代表 スタメン紹介

NBAの記事はこちらから

[NBA]ポジション別現役No. 1の選手は誰??

2018シーズンのヒューストンロケッツは優勝可能か?

ケビンデュラントの過小評価について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です