田中力がNBAからドラフトされる可能性は高い

田中力といえばバスケットボールファンの間では有名である。この記事はバスケットボールの知識がある前提で書いているので田中力を知らない人はこちらの軽くまとめた記事見てからこの記事を見て欲しい。全員NBA?4年後のW杯バスケ日本代表が最強すぎる件

まず現在田中力はIMGアカデミーに所属している。これは全米の中でもトップクラスの強豪校であり、過去にNBAも多く輩出している。他の競技でいうと錦織圭やサッカーアメリカ代表のドノバンなどが有名だ。日本でいうと日体大のような感じだろう。

しかし当然あがらIMGアカデミーに入学し、プレーしたからといってNBAに確実に入れるわけではない。NBA入りが確実と言われた選手でも念願叶わず、今はサラリーマンとして働いている人だって山の数ほどいる。

田中力がNBAに入るためには

2013年のNBAドラフトで7人のIMGアカデミーの選手が指名され、快挙と言われた。つまり逆にいえば7人も入れば多い方なのである。超強豪であるIMGアカデミーでさえ多くて7人しか入れない。そのため田中力はスターティングメンバーに入ることは必要不可欠と言えるだろう。

流れを変え、常に大量得点できるような6マンならまだしも波があるような6マンだった場合まずドラフトはされないと見ていい。

IMGアカデミーのチームメイト

IMGアカデミーのチームメイトにはU−18のアメリカ代表が2人ある。これだけでもかなり強いチームであることがわかるが、それに加え世界選抜にも選ばれたオーストラリア代表の選手や、なんとウイングスパン240cm越えの噂がある選手までいるのだ。なんというタレント揃い。幸運なことに彼らは皆フォワード、あるいはセンターであり田中力とポジション争いをすることはない

PGに全く競争相手がいないわけではない。ノア・ファラカンという選手がいる。

彼はスコアリング型のポイントガードである。NBAで例えるとゴツくないウエストブルック、という感じだ。ただ、まだ高2であるためこれからウエストブルックのようにゴツくなるかもしれない。

年齢は田中力の1つ上であり、田中力のIMGアカデミー最終年にポジション争いをすることはない。ただずっと控えでいると、年下の選手にスタメンを奪われてしまう可能性もあるためノア・ファラカンが在籍中にポジションを奪うことが一番だろう。

田中力の大学

今のNBAの規定で高校から直接アーリーエントリーでドラフト指名されることは禁止されているため田中力がNBA入りするためには必ず大学進学をしなければいけない。NCAA1部のどの大学になるのか楽しみである。個人的にはゴンザガで八村塁 と共演して欲しかったが年齢が離れていたため無理だった。

とはいえどゴンザガ大学というのは1つの選択肢であろう。全米屈指の強豪大学であり、八村塁が1年次の2年前には決勝にも進出している。八村塁を尊敬していると語る田中力にとって八村塁がドラフト指名されたら彼の出身大学に行く可能性はあるのかもしれない。

八村塁はドラフト上位指名されるのか?

田中力がNBA入りするには…

上記で述べたようにIMGアカデミーデスタメン入りし、NCAA一部の有名大学に入り活躍をすることであろう。強豪大学で大活躍をすればドフラトは大抵される。NBA入りした渡邊雄太、大学で活躍している八村塁にぜひ続いて欲しい。

 

渡邊雄太はNBAで成功するのか?in Memphis

八村塁、NBAドラフト上位は本当か。

身長230cm。ウォーリアーズからドラフト指名された伝説の日本人[岡山恭崇]

歴代最強の男子バスケットボール日本代表 スタメン紹介

NBAの記事はこちらから

[NBA]ポジション別現役No. 1の選手は誰??

2018シーズンのヒューストンロケッツは優勝可能か?

ケビンデュラントの過小評価について

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です