次の日本人NBA選手はコイツだ!!渡邊雄太らに続く選手。

渡辺雄太が2way契約でメンフィスグリズリーズと結んだことが記憶に新しい今日この頃。八村塁も来年のNBAドラフトでは上位指名が予想されている。

さらに田中力など有望な後輩も控え、空前の日本人NBAラッシュが始まろうとしている。

では日本人がこれからNBAに入るにはどのようなプレイヤーであることが最適か考察してみる。

八村塁はNBAでスターになれるのか? 

田中力がNBAからドラフトされる可能性。

NBAが求めている人材とは

端的に言えば渡邊雄太のようなプレイヤーであろう。

・身長が205cmほどある

・ディフェンス力に優れ

・アウトサイドシュートが得意

・機動力がある

 

この4つの条件のうち1つや2つが優れているアメリカ人は星の数ほどいる。しかしこの4つが揃うとなるとアメリカでも人数がかなり絞られてくる。そんな選手が日本から生まれたことはほぼ奇跡と言っても良いだろう。

この手のプレイヤーの最上位選手はケビンデュラントで間違いないだろう。7f(213cm)ほどの身長を持ち、3ポイントはもちろん機動力、ブロックも得意なまさに化け物だ。

現在デュラントをリーグで止められる選手はほぼ皆無である。それだけこの4つの条件が揃っているプレイヤーは強い。渡邊雄太はデュラントまでとは言わないもののプレシーズンマッチで全然通用することを証明してくれた。

その他のプレイヤーの可能性

もちろんこの4つの条件が揃っていないとNBAは不可能というわけではない。この条件を持つプレイヤーがいればNBAから声がかかりやすいということだけだ。もちろん田中力のようにサイズがなくてもPGで圧倒的な才能を見せることができればNBA入りできる可能性はある。

あくまで日本人が一番入りやすいスタイル、というだけである。

八村塁のプレイスタイル

ではここでNBAドラフト上位指名が予想されている八村塁のプレイスタイルを考えてみよう。

・身長203cm

・インサイドゴリゴリプレイヤー

・3やアウトサイドは打てなくはないが得意とは言い難い

・機動力かなりあり

 

という感じだ。あまりバスケットを知らない人に簡単に例えるとすれば、

渡邊雄太からシュート力を取って鬼のような筋力と機動力を付け加えた

感じである。厳密に言えばそんな簡単な話ではないが(笑)

 

日本人がアメリカでバスケをする、というと田臥勇太や富樫勇樹のように体をぶつけない場所でスピード、スキル勝負、という感じだったが、八村塁は違う。日本人離れした力でアメリカのインサイドを圧倒している。これは従来の日本の選手ではあり得ないことである。

今後八村のような日本人選手が出てくることは現時点ではあまり考えがたい。今後食生活が変わり、50年後などに日本人の体格がかなり良くなっていれば可能性はあるかもしれないが。

そのため八村塁は日本代表で唯一無二の選手とされており、50年に一度の選手と言われているのである。

日本人の体格について

アメリカ人と日本人の体を比べると厚みが全然違うことがわかる。西洋諸国は筋トレが身だしなみの一部という感じで筋トレをしている人が多いということもあるが筋トレをしている日本人のそれと比べても圧倒的である。

身長206cmの渡邊雄太はかなり筋トレをしているが、体重は93kgである。これはNBA選手の中では極めて軽く、191cmのステファンカリーと比べても7kgしか差がない。

日本人は筋肉がかなり付く人と、つきにくい人が居るためなかなか難しいところではある。

逆にその軽さが機動力を生んでいるのかもしれないのでむしろ彼に取ってはプラスかもしれないが。

日本人の身長について

両親がモンゴロイドで、いわゆる純日本人と言われる人の2mを超す人間の割合はほぼ0%に等しいらしく、単純計算で日本には30人もいないそうだ。現在はハーフの人も多いため実際はこれ+500人程度はいそうである。

仮に500人いたとしてその中で

・バスケットボールでプロを目指している

・動きが早い

という条件で絞っただけでも1人いるかいないかのレベルだろう。このように絞り込みで計算をしていくと渡邊雄太は本当に日本の至宝であることが分かる。

 

まとめ

いかにNBAが難しいかが分かる記事であったと思う。だからこそ渡邊雄太らには活躍していただきたいものである!

渡邊雄太はNBAで成功するのか?in Memphis

渡邊雄太デビュー戦で見えた、彼のNBAでの可能性

八村塁、NBAドラフト上位は本当か。

身長230cm。ウォーリアーズからドラフト指名された伝説の日本人[岡山恭崇]

歴代最強の男子バスケットボール日本代表 スタメン紹介

田中力がNBAからドラフトされる可能性。

バスケ部必見、試合で使える超有効なNBAの技。ガード向け

全員NBA4年後のW杯バスケ日本代表が最強すぎる件

NBAの記事はこちらから

[NBA]ポジション別現役No. 1の選手は誰??

東京五輪バスケアメリカ代表メンバーと会場まとめ。

2018シーズンのヒューストンロケッツは優勝可能か?

ケビンデュラントの過小評価について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です