ハーデンが54点も、勝ちきれないロケッツはどうなるのか

先日カーメロ解雇が発表され話題になったロケッツ。
昨シーズンは絶対王者ゴールデンステイトウォリアーズを3-2まで追い詰めるという結果を残し、今年こそは優勝できるか、と期待されていたにもかかわらず、蓋を開けてみれば現在はビリ3位で9勝10敗。
昨シーズンはウエスタンカンファレンスで1位だったのに、何が原因だったんでしょうか。
そもそもオフシーズンはアリーザをサンズへ、バアムーテをクリッパーズへと放出し、カーメロアンソニーをゲっと。
カペラとクリスポールを残し、シューターかっこカーメロアンソニーも獲得して今度こそ打倒ウォリアーズへ、という流れでした
しかし10試合足らずでカーメロは解雇。人生初のベンチスタートを受け入れたにもかかわらずこの仕打ちにカーメロさんの心はもうズタズタ。
少し前までは「ベンチ?ふっ、俺様はまだまだスタートでやれるに決まってんだろ!」的なことを言っていたのにこれです。
そして同じくロケッツのレジェンドのトレイシーまくレディも「カーメロは早く引退した方が良い。彼のキャリアに泥を塗る前に」
と言っていたので彼はもう終わりなんでしょうか。気になりますね、ということはまあどうでもいいです。
今シーズンのロケッツは守備が全くできてないと言われています。そしてその理由はアリーザとバアムーテが守備の中心、いや、本当のロケッツの中心選手だったのかもしれないということです。2人が抜けたらこのザマですからね。ここでいう守備というのカペラのブロックのような守備ではありませんよ。
そして皆さん見たでしょうか、今日のロケッツvsウィザーズの試合。
ハーデン54点!ゴードン36点!
デュオで90得点したのは過去に4度しかないそうです。今日のハーデン・ゴードンで5組目ですね。
しかし、勝てない。ウィザーズに131-135で敗北しました。
これは結構深刻ですね、まあクリスポールが出場していればもしかしたら勝利していたかもしれないのでなんとも言えませんが。
昨シーズンのレブロンのように50点越えをするにもかかわらず勝てないどこかのチームのようです。
一方開幕4連敗し、今年は絶不調と言われていたOKCことオクラホマシティサンダー。
彼らは現在12-7でウエスト5位です。いったいどこでこんなに差がついたのでしょうか。
そして僕の今シーズンのウエスタンカンファレンスプレーオフ決勝を発表します、ゴールデンステイトvsブレイザーズです。
ゴールデンステイトはぶっちゃけ今どうなるかはわかりませんが、きっとカーHDが立て直してくることは間違いありません。なんだかんだ彼れはまた決勝までくるでしょう。
そしてもう一方はブレイザーズ。レイカーズと若干迷いましたが、彼らは今シーズンは優勝することを目標にしていないでしょう。今シーズンは調整、本番は来年からの気がします。それでもレイカーズにはあのおとk、、あ、ゴリラがいます。きっとゴリゴリカンファレンスセミファイナルくらいには進出してくるのではないでしょうか。
イースタンはバックスとラプターズでラプターズでしょうね。
レナードにラウリー、イバカ。そしてダニーグリーンがいい味出してますね。彼はトロントのキーマンです。非常に楽しみになってきましたね。
ということで終わります。僕はロケッツ好きなのでぜひ頑張ってもらいたいです
アイラブオラジュワン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です