NBA歴代パワーフォワードランキング。最強の5人の選手とは

こんにちは。今日はNBAの歴代最強パワーフォードランキングを発表していきます。

順位は完全に実力で選んでいますが、あくまで筆者の意見なので参考程度に読んでください。

 

1位 ティムダンカン

パワーフォワードと言えばこの選手でしょう。

14回のオールディフェンシブチームに選ばれ、オールスターにも毎年出場、シーズンMVPを獲得などまさに最強です。

派手なプレーはあまりないものの、お手本のようなポストプレーに高確率のミドルシュート。どれを取っても一級品ばかりです。

2016年に引退した殿堂入り確実の選手です。

この先ダンカンを超えるPFが生まれるのか、非常に楽しみです。

 

2位 カールマローン

悪党のような力強い顔で2位にランクインしたのはこの男。

実はこのカールマローン、歴代得点ランキング第2位という記録を持っている伝説の選手なんです。

見た目の通りごっつい体で相手ディフェンダーをなぎ倒し、ゴールに向かって行くその姿はまさに怪物。

確実に点を取ることからメールマン(郵便屋)というあだ名で親しまれていました。

 

3位 チャールズバークレー

3位はチャールズバークレー。

このsんしゅは登録こそは198cmになっているものの、実際の身長は193cmと言われていました。

210cmほど必要なパワーフォワードのポジションで193cmで活躍するんだから相当すごいです。

体重も193cmにしては120kgと規格外で、「空飛ぶ冷蔵庫」と言われていました。

引退ごはアメリカの解説者をしていますが、口が悪すぎて論争になることもしばしば…

 

4位 ダークノビツキー

お次はドイツ出身のノビツキー。

NBAでは当時数少ないヨーロッパ出身のスター選手です。その身長213cmに合わない正確なシュートタッチで得点を量産しました。

ただでさえ身長が高いのに加え、ノビダウェイと一部で呼ばれているノビツキー得意のフェイダウェイで誰にもブロックされることなくシュートを決めることが得意でした。

2011-12シーズンではレブロンジェームズ率いるマイアミヒートを下して優勝、MVPに輝きました。

現在41歳でまだ現役。ノビツキーの姿をぜひ目に焼き付けてください。

 

5位 ヤニスアデトクンボ

まだ24歳のアデトクンボが5位にランクイン。

この選手はとんでもない化け物です。213cmの身長で有りながら、ウエストブルック並みの身体能力でコート上を暴れまわります。

3P主体の現代バスケットで3Pを使わずに20点後半を平均得点としています。

まだ実績がないので5位で収まっていますが、この選手が今後の活躍次第によっては歴代1位のパワーフォワード、いや全選手の中でNo.1になるポテンシャルを秘めています。

今後の活躍が楽しみでなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です