最強助っ人外国人、元NBAニックファジーカスのヤバさを分かりやすく説明!!

こんにちは。最近よくTwitterでニックファジーカスがトレンド入りしているのを見かけます。彼は一体何者なのかと言いますと、バスケットボール日本代表の歴代最高の帰化選手です。今日はそんなファジーカスの凄さについて詳しくご紹介します!

 

ニックファジーカスとは

【簡易プロフィール】

英語:Nick Fazekas

出身:アメリカ合衆国

大学:ネバダ大学

身長:211cm

体重:111kg

NBAドラフト:34位

 

ファジーカスは現在、日本国籍を取得して歴とした日本人です。前国籍はアメリカ合衆国。

大学はネバダ大学。ネバダ大学出身のNBAプレイヤーには現在ロサンゼルスレイカーズ(通称LAL)で活躍しているジャベールマギーなどがいます。

そして身長は211cmとNBA選手の中に入れても大柄な部類です。NBAの平均身長は201cmなので平均を10cmも上回っています。

 

そして何よりファジーカスは元NBAプレイヤー

ニックファジーカスが何よりやばいのが元NBAプレイヤーということです。2007年にダラスマーベリックス、2008年にロサンゼルスクリッッパーズと2年間NBAに在籍しました。その途中で膝の怪我をしてしまったせいで2年間しかNBAにいることは出来ませんでしたが、NBAにドラフトされている時点で能力が世界最高クラスであることは間違いありません。

ファジーカスのポジションはセンターといって主にゴール下でリバウンドや、体をぶつけてスペースを作りシュートといった事が仕事です。ファジーカスは身長が高いことに加え、かなりの巧さがあるので、アジアでは止められるチームはいません。

しかしNBA在籍時には「中途半端な大男」とも言われていました。ファジーカスは、スリーポイント、ミドルシュート、パス、フローターショット、リバウンドと何でもこなせる大きいオールラウンダーです。しかしこれといってズバ抜けているスキルも確かに有りません。それが故に怪物たちの集まるNBAではファンから一部そのような声が上がっていたそうです。

 

ニックファジーカスの今後

2/24のカタール戦に48vs96で勝利したことにより、2019年中国開催のワールドカップ出場が決定しました。日本はW杯出場は13年ぶり5度目です。

ニックファジーカスはその時34歳になっていますが、現在NBAのNo.1プレイヤーと言われているのは34歳のレブロンジェームズですので、大丈夫だと思われます。

それまでに怪我をせず万全な状態で挑んでくれることを心から願います!八村塁と渡邊雄太も加わってこれが日本のBIG3だ!なんて。

頑張れ日本!オリンピックへの切符を掴み取れ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です