八村塁が受賞したジュリアスアービング賞とは!?実はNBA最強のレジェンドだった!

八村塁が年間最優秀こんきに送られるジュリアスアービング賞を受賞しました。これはとんでもなくすごいことで、過去5年間で受賞したプレイヤーは現在全員現役NBAプレイヤーとして活躍しています。

しかしジュリアスアービングの知名度がないばかりにこの賞のすごさがパッとしづらいと思います。

今日はジュリアスアービングとは誰なのか?どれくらいすごかったのか?について紹介していきます。

 

ジュリアスアービング

ジュリアスアービングとは1970年代に活躍した超レジェンド選手です。彼が獲得した賞は以下の通りです。

11×*NBAオールスターゲーム出場:1977~1987

 

とんでもないレジェンドだということが一目でおわかりいただけると思います。

身長は201cmとあまり大柄ではないですが、非常に高い身体能力でとんでもないダンクを次々とかましていたことから、「Mr.ダンク」のあだ名がつくほどでした。

最近NBAのCMでやっている「 ダンクとスリーポイント流れを変えるのはどっちだ?」という質問に白髪のおじさんが「私にそれを聞くのかい?」と答えているシーンがありますが、まさにそのおじさんこそがこのジュリアスアービングなのです。つまり「ダンクに決まってるだろ?」という意味ですね。

ジュリアスアービングといえばMr.ダンクの他にも「ドクターJ」という相性がありまして、こちらの方が有名だと思います。もしかしたら耳にしたことがある人もいるかもしれません。現役NBAプレイヤーのカイリーアービングと血縁関係はありません。

 

他のポジションの賞

八村塁が受賞したSFの賞はジュリアスアービング。では他のポジションは?と思う方もいるかもしれません。しっかりいるんです。歴代のポジションに当てはめたレジェンドの賞が。

PG ボブクージー

SG ジェリーウエスト

SF ジュリアスアービング

PF カールマローン

C アブドゥルジャバー

 

そうそうたるメンツです…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です